fbpx

12月9日公開 映画「ラーゲリより愛を込めて」《抽選で1組2名様へチケットプレゼント》
Ticket

 

第二次世界大戦終了後、約60万人の日本人がシベリアの強制収容所(ラーゲリ)に不当に抑留された。
あまりにも残酷な日々に誰もが絶望する状況下において、ただ一人、生きることへの希望を捨てなかった人物…、それが山本幡男<やまもと はたお>である。
ラーゲリでの劣悪な環境により栄養失調で死に逝く者や自ら命を絶つ者、さらには日本人抑留者同士の争いも絶えない中、山本は生きることへの希望を強く唱え続け、仲間たちを励まし続けた。
自身もラーゲリに身を置き、わずかな食糧で過酷な労働を強いられていたが、仲間想いの行動とその力強い信念で多くの抑留者たちの心に希望の火を灯した。

そんなラーゲリで一筋の希望の光であった山本幡男の壮絶な半生を、その高い演技力と豊かな表現力で俳優・アーティストとして、多くの人々に希望を与え続けてきた二宮和也が演じ、映画化されることが決定。

そして、時代に翻弄されながらも愛する夫を信じて待ち続ける山本幡男の妻・山本モジミを、様々な役を演じ分ける実力派俳優として男女問わずに高い人気を得ている、北川景子が演じる。

更に、山本と共に極限のラーゲリを生き抜く抑留者仲間として、豪華キャストが集結。戦禍で友人を亡くしたトラウマから自身を「卑怯者」と思い悩む松田研三を松坂桃李、最年少でムードメーカーの新谷健雄を中島健人、昔ながらの帝国軍人として山本に厳しくあたる相沢光男を桐谷健太、過酷な状況下で心を閉ざしてしまう山本の同郷の先輩・原幸彦を安田顕が熱演する。また、山本幡男の長男・顕一の壮年期を、テレビドラマ「収容所から来た遺書」(93/CX)で山本幡男を演じた寺尾聰が担う。日本映画界を牽引する演技派俳優陣の共演により、観る者の心を掴んで離さない珠玉の人間賛歌がスクリーンに描き出される。

撮影は2021年10月下旬から12月下旬に行われ、2022年12月9日(金)に公開となる。生活様式や価値観が大きく変わり混沌とする現代にこそ贈りたい、鬱屈したこの時代に光を灯す、心震わす〈愛の実話〉が誕生する。

監督:瀬々敬久 脚本:林 民夫

オフィシャルサイト

開催日程
2022年12月09日 - 2023年02月12日
会場
全国の映画館
申込枚数
2枚まで
申込期限
2022年12月17日
注意事項

オフィシャルサイト

※数に限りがございます。予定枚数終了次第締切らせて頂きますので、予めご了承ください
※各作品の公開日時等は予告なく変更になる場合があります。
※前売り特典(グッズ等)は付きません。
※特別興行及び一部先行上映、プレミアスクリーン等にはご利用いただけません。
※一部作品、劇場では3D・4DX・IMAXなどの上映があります。ご利用の際は、券面に記載された金額との差額を窓口にてお支払い頂く場合がございます。詳細は上映劇場にご確認下さい。
※予め新聞・雑誌等にて上映劇場・上映時間ご確認の上お申込み下さい。
※JOYKUでのお取扱い以外は特典適用不可。
※本券の転売は固くお断りいたします。
※現金との交換・返金はできません。

※当落選の結果につきましては、当選者の方のみにご登録頂いているメールアドレス宛に申し込み終了後3営業日以内にご連絡いたします。落選の方へのご連絡は致しかねます。予めご了承ください。

pagetop